いきいき支援センターとは
高齢の方々が住み慣れた地域で、いきいきとその人らしい生活を送るためには、介護サービスをはじめ、福祉、医療、権利擁護などさまざまなサービスを包括的、継続的に提供していくことが大切です。
 そこで、高齢の方々の生活を支援する総合的な機関として、平成18年4月から地域包括支援センター(平成23年1月よりいきいき支援センター)が設置されることになりました。
 いきいき支援センター(地域包括支援センター)では、主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師などが中心となって、高齢のみなさんの支援を行います。3職種は、それぞれ専門分野を持っていますが、専門分野の仕事だけでなく、互いに連携をとりながら「チーム」として支援事業を行います。
主な業務
総合相談・支援

高齢の方々やそのご家族、近所の方などからの相談を受け付け、相談内容に応じて、
各種制度やサービスが利用できるよう支援します。

権利擁護、虐待の早期発見

お金の管理や契約に関する手続きに不安があるときや、頼れる家族がいない場合など
に利用できる成年後見制度の紹介や手続きの支援、高齢者に対する虐待の早期発見、
防止のためのネットワークづくりを進めます。

介護予防ケアマネジメント

高齢の方々の現在の状態に合わせた介護予防の支援を行います。

T.介護保険で要支援1・2と認定された方
 要介護状態への悪化を防ぐために、心身の状態の維持・改善を目的とした介護
 保険サービスのご利用を支援します。


U.支援や介護が必要となる恐れが高い方
 生活の中の目標を掲げて、生活機能の低下を防ぐための介護予防事業のご利用
 を支援します。


V.自立した生活をされている方
 介護予防を目的とした講座やボランティア活動など地域で参加できる事業のご紹介
 などを行っていきます。

包括的・継続的ケアマネジメント

地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう助言や支援を行っていきます。
また、医療機関を含めたさまざまな関係機関との連携づくりを進めます。

認知症高齢者を介護する家族支援事業

詳しくはこちら

名古屋市高齢者の見守り支援事業

詳しくはこちら

熱田区いきいき支援センター
 
〒456−0031 名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号
           熱田区役所等複合施設6階
           熱田区在宅サービスセンター内
     電話 052−671−3195   FAX 052−671−4019


あっつたっくかわら版 バックナンバー

           
第77号 第76号 第75号 第74号 第73号 第72号




疥癬疑いの方への受診勧奨用紙の活用について

熱田区いきいき支援センターでは、疥癬・ノルウェー疥癬の拡大防止のために、みだしの様式を作成しました。今後、介護保険関係事業所の方が疥癬疑いのご利用者様に受診勧奨される際にダウンロードしてご活用いただければ幸いです。
 クリックしてください。